日焼けをせずに運動したいなら夜がおすすめ

日焼けをせずに運動したいなら夜がおすすめ

日焼けをせずに運動したいなら夜がおすすめ

 

ランニングでダイエットをしたいけど、どうしても日焼けはしたくない。と悩む女性が多いです。

 

 

確かに女性は白い肌を維持するために相当な努力をされていますよね。

 

 

今回は日焼けを絶対にしたくないけどランニングでダイエットをしたいあなたにオススメの方法を紹介します。


実はあなたの日焼けリスクは1年中!

 

「日焼けをしたくない」、「日焼けを避けたい」女性は多く、肌を焼かないためのUVケア商品などもかなり販売されています。

 

 

肌が真っ黒になる日焼けのイメージはどうしても日差しの強い夏をイメージされる方が多いと思いますがそれは大きな間違いです。

 

 

日焼けの原因である紫外線は強さは様々ですが、実は年中確認されていますので同様に一年中日焼けをしやすいということになります。

 

 

 

日焼けとランニングの関係

 

ランニングはどうしても外を走る事になりますので紫外線を浴びてしまいやすい状態だといえます。

 

 

ランニング中の日焼けを予防するアイテムとして売られている物が日焼けを防ぐクリームや紫外線を防ぐウェアがあります。

 

 

ここ最近では日焼け防止のサプリなんかも販売されており、体の中から美白を作っていくというコンセプトの商品もあるそうです。

 

 

あなたはどのようなアイテムを使用されていますか?

 

 

 

しかしこれらは部分的で全身を紫外線から守るまたは、防げるものがまだなく完全に日焼けをしたくない方には満足できるものではありません。

 

 

このようにランニングをする事でのダイエット効果を期待して「走りたいと思っているけど日焼けをしたくない」と悩みランニングを諦めてしまう人が多いのです。

 

 

それはちょっともったいないですよね。

 

 

せっかくの痩せてスリムになるチャンスなのに。

 

 

では日焼けの心配のないランニング方法について紹介します。

 

 

 

日焼けをしないでランニングをする方法

 

絶対に日焼けをしないでランニングをしてダイエットをする方法はあります。

 

 

その方法は夜にランニングや有酸素運動をするということです。

 

 

日中はどうしても紫外線が強くしっかりと日焼け対策をしていても気が付くと焼けてたなんてことも多々ありますが、夜の場合だと紫外線を浴びる可能性はなくなります。

 

 

紫外線を浴びないということは肌が焼けないということですよね。

 

 

 

夜にランニングすることのメリット

 

日焼け防止対策だけでなく、あなたが夜にランニングをするメリットをお話します。

 

 

夜のランニングは仕事や家事の後なので時間的な余裕があるためゆっくりと長時間走ることができます。

 

 

どうしても朝のランニングだと仕事をされている方だと出勤時間が気になったり、家庭のことなどもありゆっくりと満足に走れないという話も聞きます。

 

 

その点、夜のランニングは時間的な余裕が生まれます。

 

 

ランニングなどの有酸素運動はゆっくりのスピードでも長い時間走れば走るほど体脂肪が燃えていくのでダイエットに効果的なんです。

 

 

また日差しがないために暑さもほどほどのため、日中に走るような強い暑さや熱気のなか走らないで済むということです。

 

 

 

同様に日差しの影響が少ないため、目にも優しいということです。

 

 

ランニング中はサングラスをしている場合でも、どうしても日差しが目に入りますがこれらは疲労物質となってしまい目や体の疲れが起きやすくなってしまうんです。

 

 

 

ただし熱中症のリスクは下がりますが脱水症には十分気を付けて下さい。

 

 

 

最後にランニングのあとは運動による効果で食欲が一時的に落ちることで有名です。

 

 

ダイエットの敵である過食に悩まされている人は多いのですがこのランニングを行うことで過食を防ぐことができます。

 

 

結果的にいつも間食のオヤツを食べる時間であったり、ついつい過食してしまいそうなときにランニングに出かけ強制的に過食から避ける方法がとれます。

 

 

夜にランニングをすることのデメリット

 

日差しの影響が無く日焼けせずにランニングでダイエットできる夜のランニングですがメリットばかりではなくデメリットがないわけではありません。

 

 

夜にランニングをすることのデメリットとして安全面についての配慮が必要です。

 

 

夜道をランニングするということは危険に遭遇するリスクがゼロというわけではありません。

 

 

夜にランニングをするための危険を回避する方法としては、

 

  • 人の多いランニングコースを見つける。
  • 比較的早い時間帯にランニングをする。
  • ランニング仲間をみつけて一緒に走る。

 

これらがおすすめです。

 

 

人が多い、もしくは人の流れがあるところではトラブルが起きにくいためあなたが巻き込まれる可能性は低いです。

 

 

同時にトラブルに巻き込まれる人のほとんどが単独でのランニングです、だから一人で誰もいない道を走るよりは、仲間と数名で走る事で避けられます。

 

 

また、夜に走るランニングコースは日中にした調べをするのではなく夜に下調べをすることが基本です。

 

 

街灯の有無が必要かわかりますし、日中は車の通りが少ないところでも夜は車が多い場合もあります。

 

 

ですのでしっかりと下見をしておいて灯りが必要であるとか、必要なものがないか調査が必要ですね。

 

 

夜のランニングにあったら便利な物

 

もしあなたが夜にランニングをするためのコース選びで悩んでいるのでしたらコンビニを多く経由するコースを探しましょう。

 

 

コンビニはここ最近ではたくさん増えています。

 

 

またコンビニには確実に人がいますので何かあった際には駆け込んで助けを求めることができます。

 

 

 

夜道でトラブルがあったときには大きな声を出すことがいいとされていますが、実際に大きな声を出して助けを求めるのは統計上難しいとされています。

 

 

しかし走って逃げる事は可能ですのでコンビニを掛けこむ場所として利用する事が望ましいです。

 

まとめ

 

夜ランニングは日焼けに悩む女性や過食で悩む方におすすめのダイエット方法です。

 

 

しかし夜はメリットが多くもありますが安全な日本と呼ばれていても犯罪などに巻き込まれるリスクがあります。

 

 

できることであれば安全に綺麗にダイエットしたいものです。

 

 

そのための注意点などを紹介させていただきました。参考になれば嬉しいです。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


関連ページ

ランニング初心者はどれぐらいの距離から走り始めればいい?
ランニングをこれから始める人の一番多い疑問。それは距離に関すること。それに対する私の考えをお話ししています。
悩み解決!ランニングで足が太くなるの?
ランニングでダイエットしたいけど足が太くなるって話を聞いたことありませんか?実際に太くなるのかについて調査してみました。
怪我を防ぐ!ランニングの疲れや筋肉痛を残さない方法。
走ることで疲れはどうしてもたまってくるのでそのままにしておくと怪我の原因にもなりかねません。できるだけ疲れずに走り続けるためのヒントを紹介しています。
早起きが出来ないあなたは夜に走ってみる?
ランニングは好きな時に出来るのがいいところですが時間のない人は朝に走る人が多いです。しかし朝起きるのがつらいっていう方には夜走ることをおすすめしています。
実際に走って感じた朝に走るメリット、デメリット
朝のランニングには痩せたい方にとってメリットがいっぱいなんですが、逆に少し困ったこともあります。 朝ランニング派の私が感じたメリット、デメリットを紹介していきます。
必読!初心者の簡単なランニングの始め方
走ってダイエットを始めようと思っても何から始めたらいいかわからないあなたに初心者の方が簡単にステップアップできる始め方を紹介しています。
夏に頑張って走っても思うように痩せない理由
夏に運動すると汗をいっぱいかくので痩せたような気がしますが実は大間違い。しっかり知っておかないと運動自体が無駄になっちゃうこともありますよ。
歩くだけで足の裏が痛い!足底筋膜炎の原因と治療方法
足の裏や足の外側がズキズキ痛むのは足底筋膜炎というケガの可能性があります。原因と治療方法をしっかり理解して気になる症状を1日でも早く回復させましょう
走った後に足から出血しているときはこれが原因。
走ったあとに靴下に出血していたなんてことは珍しくはないことですが、どこから出血したのかを知っておくとあなたのランニングでの問題点が見えてきます。その問題点についてお話しします。
がぶ飲み危険!水分の飲みすぎは脱水よりもマズイ
ランニングのときに水分を持っていっていますか?何も考えずにガブガブ飲むのは良くないことですが実際にはどういう風に飲むべきかご存知ですか?
歩くと足の裏、足の側面が痛いときにする処置は?
歩くだけでズキズキ痛む足底筋膜炎になったときの実際に病院でも行う応急処置について説明します。
脱水症予防をしてバテずに走るための対策とは
脱水症は夏のイメージがありますが違います。年中起こる怖い症状です。なぜなるのかについて原因を知って安全に走れる状態を作りましょう。
勘違い!二日酔いは運動で治せない、むしろ悪化する
二日酔いは汗をたくさんかくとすぐに治るというのは大間違いで体にとってもいいことがありません。それはどうしてか?について説明しています。
走ると胸が揺れて痛い、固定する方法とは
ランニングに関する女性の悩みで多いのが走っているときに胸が揺れてしまうということです。出来るだけ揺らさず運動できる方法についてお話しします。
【保存版】走るときにあると超便利な持ち物
ランニング中にあれば運動の効率がよくなったり、安全に走れるようにできるあると便利な持ち物について説明します。
意外に知らないランニングウェアの必要性
ランニングウェアは高いしTシャツで十分じゃないの?って思っているあなたにぜひ使ってほしいランニングウェアをおすすめする理由を紹介します。
夜のランニングのメリット、デメリット
ダイエット効率がいいのは朝のランニングや有酸素運動ですが、生活によってできない方も多いでしょう。そこで夜に走る場合のメリットやデメリットについてお話しします。
足底筋膜炎になったあとの完治するまでのケアは?
ランニングでの多いケガである足底筋膜炎が治るまでの自宅で出来るケア方法について説明します。
ケガを予防するからこそランニングタイツは初心者に必要
ランニングタイツを愛用している方がずいぶんと増えてきました。機能的に考えても初心者のうちから使っておくべきアイテムです。その効果について説明します。
厚着で走るのは痩せるどころか危険な理由
減量でサウナースーツを着るスポーツ選手がいますが、あれと同じで一般人が厚着で走るというのはかなり危険でプロのように体重も落ちません。そのなぜ?についてお話します。
走ったあとの足の疲れをキッチリ取る自宅で出来るアイシング方法
ランニング後に足をしっかり冷やしたり、アイシングすることで疲れが取れやすくなったり、ケガの予防ができます。自宅でできる簡単な方法を紹介しています。
ジョギング中の顔焼け対策はサンバイザーで守ろう!
ランニングで心配なのは日焼け、特に顔はしみなどの原因になるといわれていますから注意しておきたいもの。女性ランナーのなかで最近人気なのはサンバイザーですがその便利さを紹介します。
走ったあとの体の汗の匂いをすぐになんとかする方法
体臭は汗の臭いや体のなかの臭いが関係してくるため簡単には改善せず悩むことも多いでしょう。臭いの原因と対策方法やアイテムを紹介します。
仕事が忙しくて走れない人と悩むあなたに4つのアドバイス
仕事が忙しくて走る時間がないと悩んでいてもなかなか解決しません。そう悩んでいる方に一緒に相談に乗るような気持で記事を書いてみました。
ランニングシューズとウォーキングシューズの意外な違い
同じようで違うランニングシューズとウォーキングシューズ。この2つの大きな違いをお話しします。
寒い時期のランニングでなぜ耳が痛くなるの?対策方法は?
冬のランニング中に冷たい風に耳が当たるとキーンって痛みがでますよね。痛みの原因と対策方法を紹介します。
ランニングシューズを安く購入するオススメな方法
ランニングシューズを出来るだけ安く買いたいあなたにおすすめスポットを紹介しています。
ランニング初心者は雨の日は休むべき
ダイエットを頑張りたいと走り始めたものの雨が続くとさすがに困ったもの。考え方の一つですが私は休んだ方がいいと思います。その理由を記事にしました。
知らないと恥ずかしい?正しいランニングシューズの履き方
ダイエット効率が高く趣味にもなるランニング。これから始める女性の悩みを解決するブログを目指しています。
寒くて指先が痛い、冷たいときのランニングは手袋がオススメ
秋冬の寒い時期のランニングは指先が冷えてとてもつらいです。もちろん手袋をしておくことをおすすめしますが、スポーツ専用タイプをそろえるのもいいですね。
寒い季節になると走りたくないと思うあなたに
寒い冬は走りたくないけどダイエットもしたい。そんなあなたの背中を押す私からのメッセージです。
冬こそ絶対サングラスが必要な2つの理由
ダイエット効率が高く趣味にもなるランニング。これから始める女性の悩みを解決するブログを目指しています。
ジョギング初心者でもランニングウォッチがあると便利な理由
ランニングウォッチってそれなりに高価なんですが初心者やダイエット目的の方にでもかなり便利な時計です。少し興味がある方であれば参考になる記事です。
化粧を落とさず走っても肌は大丈夫?
仕事の後で走ってからお風呂に入るからという理由でお化粧したまま走っていませんか?ちょっとのことですがお肌にとってはあまりよくないことなんです。