必死に早く走ったほうがより多く痩せるの?

必死に早く走ったほうがより多く痩せるの?

必死に早く走ったほうがより多く痩せるの?

 

同じランニングをするなら必死にスピード上げて走った方が消費カロリーが多いから痩せられるよね?なんて聞かれますがそれって実は大間違いです。

 

 

なぜランニングがダイエットに最効率なのかを考えると、早く走るだけでは効率的に痩せないというのがわかります。

 


ランニングのダイエット効果は有酸素運動だから

正解からいうとランニングで歯を食いしばるぐらい本気でダッシュをして走るよりも、鼻歌をうたいながら走るとのでは、鼻歌を歌ってゆっくり走るほうがダイエット効果が高いです。

 

 

それは有酸素運動と無酸素運動の関係にもにています。

  • 有酸素運動は無理をせずゆっくり走るランニングのような運動。
  • 無酸素運動はダッシュのような力を入れて走る運動。

を指します。

 

 

以前記事にもしましたがスロージョギングのようにゆっくり走ってより長い時間を走る事がダイエットのコツだとお話しました。

 

 

このゆっくりでも走り続ける事というのがダイエットに必要なことなのです。

 

 

たしかに短距離のような瞬発力が必要な競技は瞬間的な消費カロリーは多いと思いますが、そのスピードを維持したまま1km走るのは難しいです。

 

 

ランニングでゆっくり5q走るのと同じように全速力で5qを走るのとではまったく内容が違ってきます。

 

 

この時間をかけてゆっくり疲れずに走ることができればかなりダイエット効果が上げられるのです。

 

 

だからスピードを上げて走れば痩せられるというのは大きな間違いなんです。

 

無理をするとそれだけで怪我をするリスクも上がる

頑張って自分の実力以上に走ろうとする方はいずれ、足の筋肉などが耐え切れず怪我してしまう可能性もあります。

 

 

このような怪我はできるだけ避けたいものです。ランニングができない期間が増えると同じくあなたの日常生活や仕事にも影響をあたえるかもしれません。

 

 

初めから無理をせずスロージョギングを少しずつ行なって距離を伸ばしていくことが単純にダイエットに成功する秘訣だと私は思います。

 

 

なかなかランニングを始めようと初心者の方が思っても継続出来る人は半分もいません。

 

 

きっちりとどうなるのかというイメージを持っていれば諦めずに頑張れることができますが、そうでないとランニングを続けることが難しくなってくるでしょう。

 

 

まずはやってみる。それが本当に大事なことなんですよね。

 

まとめ

ダッシュのように急いで走るよりも、ゆっくりとしたスピードでより長く走ったほうがダイエット的には最適です。

 

 

無理にダッシュなどを混ぜていますとまだまだ筋力が未発達な初心者に怪我をしてしまうリスクも高まってしまいます。

 

 

できるだけランニングは続けていくことがダイエットを成功させる近道です、だからこそ無理もせずコツコツやっていくのがいいんですね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 


関連ページ

消費カロリーがすごいスロージョギングで脂肪を燃やそう
スロージョギングを知っていますか?疲れにくく痩せやすい有酸素運動でTVでも注目されています。スロージョギングの方法やコツについて説明していますので気になる方は要チェックです。
実際に感じたスロージョギングのメリットとデメリット
私は基本的にスロージョギングで2年間走ってきましたがこの運動にもメリット、デメリットがあります。走ってわかったことについてこっそりお話しします。