実際に感じたスロージョギングのメリットとデメリット

実際に感じたスロージョギングのメリットとデメリット

実際に感じたスロージョギングのメリットとデメリット

 

ダイエットに最効率とも言われて初心者にも優しいスロージョギングですが、実際に私も週一回のペースで行なっています。

 

 

実際にやってみてですが、いいところと難しいと思うところがありましたのでこれからスロージョギングを始める方の参考になるかもしれませんので紹介したいと思います。

 


初心者にスロージョギングが難しいところ。

いきなりスロージョギングからはじめても問題がないと思いますが、1ヶ月ほどは歩いたりして基礎体力と怪我をしにくい足を作っておきたいですね。

 

 

では私が感じたスロージョギングの難しかったところを紹介していきます。

 

 

 

ゆっくりペースがなれないうちは苦痛に感じる

スロージョギングの基本ルールとして、お喋りできるぐらいのしんどくないゆっくりとしたペースで走る。というものがあります。

 

 

このお喋りが出来るぐらいのスピードでゆっくり走るというのは、それだけ身体に負担をかけずに長い時間や距離を走れるようにするための方法です。

 

 

しかし今まである程度のスピードで走っていた人にはスローペースで走ることに慣れていないので苦痛にも感じます。私自身もスロージョギングを始めたころはこのペースを掴むのに非常に苦戦しました

 

 

ゆっくり走ることが意外に苦痛なのです、余計にしんどくも感じたこともありました。しかしこれはあとから考えるとまだペースが速かった証拠にもなるのです。

 

 

実際スロージョギングの開始は走ることからはじめるのではなく歩くことからジワジワ速度を上げて行くほうが楽です、そうすることであなたにピッタリの速度が掴めるはずです。

 

予想外に距離を走れるので筋肉痛になりやすい

スロージョギングの売りでもある、疲れにくい走り方なのでゆっくりと長距離、長時間走れるということです。これは私は本当だと思いました。

 

 

いつものペースではこの辺りで疲れてしまうのに、スロージョギングではまだまだ余裕なのです。その1つに呼吸が楽ということがあります。ゼーゼーハーハーいわないので余裕があります。

 

 

しかし、思いがけない事としてかなりの時間、距離を走れるかわりに筋肉痛に悩むことが出て来ました。私の筋力以上に頑張ってしまったのかもしれません。

 

 

これに関しては仕方がないのでジョギング後に自宅に戻ってしっかりとアイシングケアをおこなっています。そうすることで随分と翌日は楽になるはずです。

 

 

でも40歳過ぎて翌日に筋肉痛が出るのってちょっと嬉しいですよね(笑)

 

 

スロージョギングをしてよかったと感じたこと。

スロージョギングを始めてよかったところを紹介します。

 

 

 

体力がついた、走れる距離や運動時間が伸びた。

1年ジョギングをしていたころでも10kmを走るのが精一杯でした、そこで色々と調べてダイエット的にも体力をつけるにもスロージョギングやLSDがいいことを知り、はじめてみました。

 

 

週1回はスロージョギングの日としてやってましたがいつの間にかに15kmや20kmと走れるようになってきました。もちろんスピードは遅いのですが今までより距離も増え、2時間は身体を動かせることが出来るようになったのです。

 

 

これってすごいと思いません?40歳すぎて2時間ゆっくりでも身体を動かし続けられるんです。それだけ無駄な動きもしていないように気を付けていますが確実に体力が上がっている証拠ですね。

 

 

 

スロージョギングは脂肪燃焼効果が大きい

私は週1回のスロージョギング(LSD)で18kmぐらいを2時間で走っています。これによる消費カロリーはだいたい1200カロリーです。

 

 

1日の食事摂取基準のカロリー数で考えれば半日分ですよね。それを月に4回していますから2日分の食事は摂っていないという計算になります。

 

 

ジョギングでのダイエットは塵も積もればではありませんがコツコツと積み重ねていくことで効果を発揮しますがスロージョギングは比較的身体の負担も少なくこれだけの消費カロリーをだすことができます

 

 

これってすごくないですか?特に食生活に気を使っていない私ですらこれですから、食事も頑張って減らすことが出来る人はもっと効果的に痩せることができますよね。

 

 

 

スロージョギングをやった日はよく眠れるようになった。

ジョギングでの効果の1つとして不眠に対する効果があることを以前の記事で紹介しました。

 

 

スロージョギングは少ない体力でもよりながく走れるように効率よく運動ができます。だけど体力や筋力以上についつい走ってしまうのでその日の夜にもなるとやはり疲れて当日は本当によく眠ることができます。

 

 

早寝早起きなどの習慣も大事ですが、私はスロージョギングやLSDを行なうときに限っては早寝早起きを実戦できています。

 

 

まとめ

運動からすっかり離れていてもスロージョギングを行なえばしっかりと走れる身体にもなれるし、ダイエットにも成功出来ます。

 

 

だけどやったことがない方にとってはなんだか敷居が高いと思われるかもしれませんね。

 

 

今回紹介した私が感じたことは多かれ少なかれ「わかる」といつか共感してもらえるんじゃないでしょうか。

 

 

これからスロージョギングを始める人もこのようなことが待っているかも知れないと思って走られるとよりいい結果を生むかもしれませんよ(笑)

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 


関連ページ

消費カロリーがすごいスロージョギングで脂肪を燃やそう
スロージョギングを知っていますか?疲れにくく痩せやすい有酸素運動でTVでも注目されています。スロージョギングの方法やコツについて説明していますので気になる方は要チェックです。
必死に早く走ったほうがより多く痩せるの?
必死に走っても痩せません。ダイエット初心者にありがちな間違いをここで訂正してあなただけでも痩せる有酸素運動をやっていきましょう。