マラソンイベント,ファンランに参加してみよう

マラソンイベント,ファンランに参加してみよう

マラソンイベント,ファンランに参加してみよう

 

ランニングをある程度続けられるようになってくるとダイエットや健康づくりだけでなく一つの趣味として楽しめるようになってきます。

 

 

実際私の場合もそうですが走って痩せるのはうれしいのはもちろんだけどそれだけじゃ満足できずいろいろと試したくなるのです。

 

 

今回はそんな経験もありランニングを楽しむ延長としての方法を紹介します。

 


マラソンイベントって初心者でも参加することができるの?

マラソンイベントってどこか敷居が高く感じるかもしれません、実際には陸上部でがんっばってた人が趣味としてやっている場合もありますが私のようにダイエットの延長線として趣味としてマラソン大会に参加している者も多いですよ。

 

 

ここ最近は空前のマラソンブームということもあり、本気の人たちのタイムアタックばかりでなく私たちのような初心者ランナーもたくさんいますので安心してください。

 

 

このようなマラソンイベントに参加することのメリットとして、

 

  • 同じコースで走るのではなくいつもと違う場所で走れる
  • 知らない人たちと走ることでいつもと違うペースで走って刺激になる。
  • 楽しさからランニングを続けていこうというやる気アップにつながる。

これらのメリットがあります。

 

 

マラソンイベントといっても何もフルマラソンを走るわけではありません。

 

 

もちろん走れるのであればフルマラソンを意識するのが良いでしょう、しかしなかなか私たち40代がいきなり始めても難しいのでもっと短い距離を走ることもできます。

 

 

それをマラソン大会ではファンランなどとも呼ばれています。

自由に楽しんで走るファンランに参加しよう。

ファンランとは、ファン=楽しむ ラン=走るということで楽しんで走ることを目的としたマラソンイベントです。

 

 

ファンランは比較的距離も短く5kmや10kmのコースを走ることが多いです。

 

 

有名な大会では神戸市で行われる神戸マラソンの10kmの部門がファンランとして位置付けられていますが神戸マラソンはその人気も高く倍率が4倍以上となかなか出場も難しいです。

 

 

ファンランはタイム制限などもゆるく字のごとく楽しんで走ることを目的としています。ですので敷居も低く必ずしも走りきる必要もなく途中で歩いたりすることも可能です。

 

 

参加者によっては仮装をしたりする方もいますし自由に楽しむことができるのが大きなメリットです。

 

まとめ

私もランニングを始めて1年程度たってからマラソンイベントに参加することになりました。

 

 

いつものコースを走るのにも飽きて少しランニングをさぼりがちになったのも理由でした。

 

 

参加すると言っても10kmが精いっぱいですが景色のいいところを見ながら走ったり、沿道で応援してくれる地域の方と触れ合うのも楽しみです。

 

 

走ったとは特産品を食べたりして直接的なダイエットにはならないけどこのやる気の維持が結果的にダイエットを続けられる原動力になっていると思います

 

 

もしランニングに飽きてきたり、同じコースを同じコースを走るのが面倒に感じだしたら一度あなたの地域などでマラソンイベントが開催されていないかチェックしてみて下さい。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 


関連ページ

ランニングはなぜ続かない?続けるコツを教えます
私がなんとか2年間やってきたランニングや有酸素運動を続けるコツを紹介しています。続かないって方の参考になれば!
ランニングに楽しみを見つける方法
ランニングを長続きするためには楽しみを見つけることが大事です。その中で皆さんがやっているコツを紹介します。あなたも是非何かみつかるといいですね。
イライラ、ストレスの解消法に走ってみませんか?
イライラなどのストレスをなんとかしたい!と悩んでいる方にランニングをお勧めします。ランニングでのストレスへの効果についてお話しします。
ランニングで頑張っても走れる距離が伸びない原因と対策
ランニングで走れる距離が伸びない、成長していないとあきらめる前になぜだめなのかについて原因を知って対策していきましょう。頑張っても伸びないことには理由があります。
なってからでは遅い!ランニング中の熱中症対策について
春から秋にかけてランニングで多い事故は熱中症です。あなただけでも熱中症にならないための対策をお教えしますので参考にしてください。