花粉が飛んでても走りたい!花粉症の季節のジョギング対策

花粉が飛んでても走りたい!花粉症の季節のランニング対策

女性のためのランニングでダイエット講座

 

花粉症もちでもランニングをしたい!

 

 

私も実際に花粉症持ちですが、ランニングの際に花粉に関しては結構気を使っています。

 

 

同様に花粉症持ちの方でランニングを頑張っておられる方がいますのでその方の意見も参考にして記事にします。


みんながやっているランニングでの花粉症対策とは?

花粉症があっても健康作りやダイエットのためにランニングをしていたり、それこそランニングが趣味になっている方ももちろんいます。

 

 

そのような方々、それぞれにいろんな対策方法がありますがそのなかでも私たちランニング初心者でもできることを紹介します。

 

 

 

走る時間を工夫する。

花粉が飛びやすい時間、飛びにくい時間があるのをご存知でしょうか?

 

 

実は花粉は気温の上がる時間帯に飛びます。

 

 

逆に夜は昼間に飛んだ花粉が地面に落ちる時間帯でもあるし、朝は湿気により花粉が飛びにくい時間帯になります。

 

 

これらのことから花粉を避けてランニングをするには朝か夜がいいですね。

 

 

逆に花粉が多いとされる日中から夕方は花粉症持ちには危険と言うことになります。

マスクをしっかりとする

花粉症になるメカニズムは鼻や口から吸い込んだ花粉が抗体に反応して起こる炎症反応ですので花粉が入るのをできるだけ抑えることが出来ればなりにくいのです。

 

 

だけどランニングはスーハーと呼吸をたくさんしますので対策もなくそのまま運動していては花粉にさらされてしまいますよね。

 

 

そこで恥ずかしいとは思わずマスクをしてランニングをして見ましょう。

 

 

慣れない間はマスクをつけてランニングをするのって結構大変です。なんか息苦しいですよね。でもこれってちょっとしたトレーニングにもなりますよね(笑)

 

 

また恥ずかしいと思うかもしれませんが花粉シーズンになるとマスクをしてランニングをしている方も結構いますので特別目立つこともありません。

 

 

マスクがそれでも抵抗があるというのでしたらバンダナなんかでもいいですね。結構オシャレっぽいですよね。

 

 

サングラスをしっかりする

目に花粉が入らないための対策としてサングラスももちろんいいですが、できれば花粉対策用のゴーグルタイプのメガネがあるといいです。

 

 

花粉対策用のゴーグルタイプのサングラスは顔にフィットするので隙間が出来にくく目への花粉の侵入が少ないです。

 

 

なにもしないままだと花粉が目に入ってしまい、とっても目が痒くなったりかきすぎて目やにが出たり眼が充血したりします。目は大事ですのでしっかりと保護して下さい。

 

 

家に持ち帰らないようにビニール系ウェアで花粉を寄せ付けない

花粉シーズンにランニングをしているとウェアにもたくさん花粉がついてしまいます。

 

 

コンプレッション系ウェアは表面の素材が綿のものが多く繊維の隙間に花粉が入りやすいというデメリットがあります。

 

 

花粉がついたままだと自宅に戻った時に気づかず花粉を持ち込んでしまうという結果になってしまいますよね。

 

 

そこで出来るだけ持ち来ない方法としてビニール系素材のウェアを着用してみてはいかがでしょう。例えば花粉シーズンは寒さも出てきますのでウィンドブレーカはとても役立ちますよね。

 

 

ウィンドブレーカーのようなビニール素材で出来たウェアは花粉がつきにくく、ついたとしても手で払えば埃と一緒に落ちますので自宅へ入れにくいのです。

 

 

ウェア一つを他のものにすることで花粉を気にせずランニングに集中できると私は思います。

 

まとめ

花粉症持ちでもランニングはしっかりしたい!ということで花粉症で悩む他の方々の意見や工夫を紹介していきました。

 

 

もしあなたも同様に悩まされているのであれば一度試してみることをオススメします。

 

 

また花粉症にまだなっていない方でも今後なる可能性はありますのでしっかりと対策をしておきましょう。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。


関連ページ

喘息はハンデじゃない!走る事で肺は強くなる
喘息持ちの方は運動ができないは大間違いです。私のように喘息持ちでもランニングができて発作があまり起きなくなることもあります。走ることで肺や呼吸器は必ず強くなりますよ。
寝不足で走るのがかなり危険な理由
寝不足でも眠気覚ましにランニングでも・・って実際にやっていませんか?今ディジョンがよくない状態での運動はかなり危ないです。その危険性について説明しています。
ランニングで過食を抑えられる?
ついついやっちゃう過食、これを抑えるいい方法があります。過食をおさえるコツと実際の効果を紹介しています。
眠れない人は睡眠薬よりもランニングをおすすめする理由
眠れない夜にお酒やお薬の力を借りてなんとか眠ろうとしようとする方がいますが、それらを使わずともランニングなどの有酸素で健康的な睡眠がとれます。その方法やコツを紹介しています。
私が実感したランニングでの健康効果
素人の私が2年頑張って走って感じたランニングの効果を暴露します!
悩み解消!ジョギングをすると便秘が治る?
便秘を改善させる方法はたくさんありますが、お薬やサプリなどはお金もかかるし便秘と下痢を繰り返すためおすすめできません。お金を使わず便秘を治すならランニングやウォーキングがオススメです。
なぜ初心者ほどランニングで膝を痛めるのか?
ランニング初心者で一番多いケガである膝を痛める原因と対策について説明しています。これを読めばケガは防げるかも。
ランニングで骨が強くなる理由
女性は閉経が近くなると骨粗しょう症という病気もあり骨をしっかり強くしていくことが大事です。骨を強くする方法はいくつかありますが健康的に行うならランニングがオススメです。
運動を始めたけど息苦しくて走れない。
ランニングを始めたころは思うように呼吸もできなかったり疲れでうまいこといきません。だからと言って諦めないことが大事。走りながら上手に呼吸出来る方法について解説しています。
膝や足が痛いときはジョギングを休むべき?素人ができる処置は?
膝や足が痛い時にや気になるときにも頑張って走るべきか、休むべきか悩みますよね。どの程度なら大丈夫なのかその目安を紹介します。