なぜ初心者ほどランニングで膝を痛めるのか?

なぜ初心者ほどランニングで膝を痛めるのか?

なぜ初心者ほどランニングで膝を痛めるのか?

 

ランニングで膝を痛めることがありますが、なぜ膝を怪我してしまうのかご存知ですか?

 

 

そのなぜをしっかりと把握しておくことで今後あなたが膝を痛めなくなるかもしれませんよ。

 


初心者がランニングで膝が痛くなるのはなぜ?

ランニングなどの運動を行なうことで負担がかかるのが膝です。

 

 

ランニングでは体重の3倍の重さが膝や足首などの関節に影響してくるといわれています。

 

 

例えば50kgの人がランニングを行なうと膝や足首に約150kgの重さや負担が乗ってしまうのです。

 

 

特に初心者のうちでは足の筋肉だけでなく、その周りである関節や筋などもハードな運動に長期間なれるようには強くなっていません

 

 

だからちょっと無理をしてしまうことで重量がのしかかってくる膝に負担がかかり痛みを覚えるのですね。

 

今からでも膝を守って強くする方法。

こう言ういい方はよくないかもしれませんが、初心者のうちに膝を痛めておいてラッキーかもしれません。

 

 

その理由はしっかりと対策などをしないまま気づけば膝を痛めていたなんてことになると重症化しやすいからです。

 

 

もしあなたがランニングをはじめて間もないころで膝を痛めたのであれば今からでも遅くないので以下で紹介する方法を試してみてください。

 

 

 

かかとのしっかりとしたシューズをはく

ランニングをするのであれば、ただの運動靴よりもランニングシューズのようにクッション性能のいいシューズを履くべきです。

 

 

しっかりとしたシューズは膝や足首にかかる重みを分散させてくれたりと機能的に有利です。

 

 

体重なや筋力にもよりますがシューズを変えるだけでずいぶんと膝が楽になる人もいます。

 

 

ランニングタイツを履く

ランニングタイツをくわしく知らない方はファッション的なものと思われるかもしれませんがしっかりと筋肉をサポートしてくれるランニングやウォーキングをする人にとっての必須アイテムです。

 

 

タイツのサポート力は膝を守るだけ出なく足の筋肉全体を守ってくれるので無理な動作やおかしな姿勢でもある程度強制してくれるため、初心者のうちの癖のある走り方にも十分対応できるはずです。

 

 

無理せず歩くことから始める

ランニングを始めた頃はついつい走ってしまいがちですが本来であれば足の筋肉や関節を少しでもつよくするためにウォーキングからはじめるべきです。

 

 

なにごともはじめは無理せずが基本です。

 

 

どうしても走りたくなっても1ヶ月から3ヶ月ぐらいは準備期間だと思って基礎体力をつけていきましょう。

 

 

 

ランニング後はしっかりとアフターケアをする

ベテランランナーがしっかりとランニング後にアフターケアをしているのですから、初心者ランナーのあいだからしっかりと見習ってケアして行きたいですね。

 

 

アフターケアと聞くと難しく思えるかもしれませんが簡単です。

 

 

ランニングが終わってシャワーなどを浴びる人が多いと思いますので、そのときに温水シャワーと冷水シャワーを交互に当てたり、疲れた場所に冷水シャワーを30秒から1分当て続けてください。

 

 

たったこれだけで炎症が防げたり、血行がよくなってつかれにくくなるんですよ。

 

 

 

まとめ

初心者のうちからしっかりと膝の対策をしておくことである程度走ることができるようになって怪我をするリスクも下がりますので今の間から徹底しておくべきです。

 

 

ランニングは思うように走れるようになれば楽しくなってきます。

 

 

そのような状態の時に怪我をしてしまうと気持ちも落ち込むし、効率よくできていたダイエットも進まなくなります。

 

 

そうならないためにも今の初心者の間から対策をしっかりとしていきましょうね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


関連ページ

喘息はハンデじゃない!走る事で肺は強くなる
喘息持ちの方は運動ができないは大間違いです。私のように喘息持ちでもランニングができて発作があまり起きなくなることもあります。走ることで肺や呼吸器は必ず強くなりますよ。
寝不足で走るのがかなり危険な理由
寝不足でも眠気覚ましにランニングでも・・って実際にやっていませんか?今ディジョンがよくない状態での運動はかなり危ないです。その危険性について説明しています。
ランニングで過食を抑えられる?
ついついやっちゃう過食、これを抑えるいい方法があります。過食をおさえるコツと実際の効果を紹介しています。
眠れない人は睡眠薬よりもランニングをおすすめする理由
眠れない夜にお酒やお薬の力を借りてなんとか眠ろうとしようとする方がいますが、それらを使わずともランニングなどの有酸素で健康的な睡眠がとれます。その方法やコツを紹介しています。
私が実感したランニングでの健康効果
素人の私が2年頑張って走って感じたランニングの効果を暴露します!
悩み解消!ジョギングをすると便秘が治る?
便秘を改善させる方法はたくさんありますが、お薬やサプリなどはお金もかかるし便秘と下痢を繰り返すためおすすめできません。お金を使わず便秘を治すならランニングやウォーキングがオススメです。
ランニングで骨が強くなる理由
女性は閉経が近くなると骨粗しょう症という病気もあり骨をしっかり強くしていくことが大事です。骨を強くする方法はいくつかありますが健康的に行うならランニングがオススメです。
運動を始めたけど息苦しくて走れない。
ランニングを始めたころは思うように呼吸もできなかったり疲れでうまいこといきません。だからと言って諦めないことが大事。走りながら上手に呼吸出来る方法について解説しています。
花粉が飛んでても走りたい!花粉症の季節のジョギング対策
花粉症が怖い、花粉症になりたくないからと言ってランニングをやめるのはもったいないです。花粉の季節でもランニングを楽しめるコツや方法をお話しします。
膝や足が痛いときはジョギングを休むべき?素人ができる処置は?
膝や足が痛い時にや気になるときにも頑張って走るべきか、休むべきか悩みますよね。どの程度なら大丈夫なのかその目安を紹介します。