有酸素運動で体脂肪1kg落とすのに必要なカロリーは?

有酸素運動で体脂肪1kg落とすのに必要なカロリーは?

有酸素運動で体脂肪1kg落とすのに必要なカロリーは?

 

ランニングはダイエットにもっとも効率のいい運動とされています。

 

 

 

その効率を何をもって良いとしているのかは脂肪の燃焼効果にあるとされています。

 

 

ところであなたが燃やしたいと思っている体脂肪1sはどれぐらいの消費カロリーでなくなるか知っていますか?

 

 

実際にどの程度ランニングすれば脂肪が燃えるのか?

 

 

イメージしやすいようにお話していきますのでランニングをこれから始めたい人の参考になれば嬉しいです。


ランニングで消費されるカロリーはどれぐらい?

ランニングをはじめるにあたって気になるのは消費カロリーですね。

 

 

 

特に私たちがランニングを始める人の大きな理由としてダイエットがもっとも多いです。

 

 

 

どうしても年齢を重ねると、いろんなところが気になってしまいますね。。。

 

 

 

 

 

ランニングでの消費カロリーですが運動の強さや外の外気温などで大きく左右されてしまいますが大雑把な計算方法を紹介します。

 

 

ランニングでの消費カロリー=あなたの体重×走った距離

 

 

となっています。

 

 

 

 

 

例えば体重60kgの人がランニングで3km走れた場合は、

 

 

 

60×3=180カロリーの消費です。

 

 

 

この180カロリーですが少ないと思いますよね?「たった3km走って180カロリーじゃ」って思いますよね。

 

 

 

だけど180カロリーって食べ物に例えると何かご存知ですか?

 

 

 

よくカロリーを気にしている方ならご存知ですがおにぎり一個になります。

 

 

 

 

逆に言うと簡単に食べられるおにぎり1個を消費するには、60kgの人で3kmも走らなければならないということです。

 

 

 

次に体脂肪を燃やすにはどれぐらい走らなければならないのかお話します。

体脂肪を燃やすために必要なカロリーは?

体脂肪を燃やすにはどれぐらいのカロリーが必要でしょう?

 

 

 

実はおなかにどっぷり乗った体脂肪や内臓脂肪を1kg燃やすために必要なカロリーはなんと7200カロリーが必要になります。

 

 

 

太るのは比較的簡単なのに痩せるのは大変な理由がそこにあります。

 

 

 

 

 

では先ほどの60kgの人をモデルにすると、

 

 

 

同じ条件で3km走った場合は180カロリーになります。

 

 

 

体脂肪を燃やすための必要カロリーが7200カロリーになりますので7200÷180=40

 

 

 

つまり40日走れば体脂肪1kgを燃やすことになります

 

 

 

あれ?こうやって計算すると意外にランニングで痩せそうって思いません?

 

 

 

 

ランニングはダイエットに効果的な本当の理由

ダイエットを目的とするならランニングが効果的な理由になんとなく気づきましたか?

 

 

 

あなたがある程度ランニングを続けていけば1〜2ヶ月もすれば間違いなく3kmなんて簡単に走れるようになります。

 

昔運動をしている経験があって、比較的体力がある方であれば10kmも簡単に走れる方もいるでしょう。

 

 

 

 

 

ランニングはコツコツと続けていけば散りも積もれば山となりでどんどん消費カロリーが雪だるま式に増えていくのです。

 

 

 

始めはたった180カロリーと嘆くかもしれませんがやがて1回のランニングで500カロリー消費が当たり前になってきます

 

 

 

そうなっていくとどんどんあなたの体脂肪が燃えていくようになります。

 

 

 

 

 

食事制限のダイエットをした方は分かると思いますが、1日のカロリーから500カロリーを抜くということは結構つらいですよね。

 

 

 

これが毎日ともなると嫌になりませんか?

 

 

 

食べるものも限られてくるしストレスも溜まる。

 

 

 

だけどランニングだと運動によってストレスがむしろ解放されるし健康的に痩せることが可能なんです。

 

 

 

 

 

だけどこれだけはしっかりと覚えておいてほしいのですが、

 

 

 

ランニングでダイエットを成功させるためには続けることがなによりも大事です。

 

 

 

続けるといっても毎日ではありません。週に2回や3回でもいいです。

 

 

 

走った分だけ痩せるのは当たり前ですが、要はあなたが運動する習慣を忘れないということが一番大切なんです。

 

 

 

 

まとめ

ランニングによるカロリー消費の大雑把な計算は、体重×走った距離。

 

 

 

体脂肪を1kg燃やすために必要なカロリーは7200カロリー。

 

 

 

ランニングのいいところは無理をしないで続けられるところです。

 

 

 

続ける事でどんどんと消費カロリーが増えてあなたがスリムになっていきます。

 

 

 

食事制限にはない健康的なダイエットはランニングの他ありません。

 

 

 

だから頑張ってみませんか?

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 


関連ページ

朝と夜に走るなら、ダイエットに効果的なのは?
同じ有酸素運動でも朝と夜とではダイエット効率が違います。そんな嘘のような話でも蓄積したデータでみるとはっきり違いがわかります。
内臓脂肪の燃焼効果が高い運動はランニング
お腹ぽっこりの原因は内臓脂肪。そんなお腹を何とかしたい方にオススメするのがランニング。なぜランニングか?について説明しています。
ランニングを1ヶ月続けるとこれだけ痩せる
ダイエットを続けるためにはある程度の目標値が必要です。実際に1か月ランニングを頑張った場合どれぐらい痩せるかわかりますか?あなたも実際にあてはめて予想してみるのもやる気アップになりますよ。
食事制限よりもダイエットに一番効果的な運動はランニング
食事制限はストレスがたまるだけで思うようにダイエット成功しません。一番効果的なランニングをやってみませんか?また痩せるだけではないメリット、デメリットも紹介しています。
ランニングでより痩せたいなら距離よりも時間で走る
ランニングで痩せるコツは距離を目標とせず、時間を設定して走ることです。具体的な方法を紹介しています。
ランニングで走ると胸が痩せてしまうって本当?
ランニングで女性の胸が痩せる?落ちる?って本当?その事実を徹底的にしらべてみました。
2年走った私が経験した、走ることで痩せやすい体の部分はここ
ランニング歴2年の私が教えるランニングで痩せやすい部分やその効果について説明します。
諦める前に!ジョギングでのダイエットはすぐに痩せない理由
即効性のダイエットなんてありません。あっても体に悪いと思います。走ること、有酸素運動で頑張っても思うように痩せない理由について説明します。
走るときに飲むスポーツドリンクにこだわろう
ランニングに出かけるときは水分を持って行っていますか?人間の体の半分以上は水分なので汗をかくことでケガやトラブルの原因になるかもしれません。あなたのお気に入りのドリンクもっていきませんか?
夜に走るのなら夕食前と夕食後ではどっちがいい?
夜ラン派の悩み種である食事前に走るか、食事後に走るべきか。これについて他のランナーの様子も踏まえて調査してみました。
走ってダイエットを成功させるなら毎日走らなくてもいい理由
ダイエットを加速させたい気持ちはわかりますが毎日走らなくても大丈夫です。その理由を説明します!
女性が気になる腕を細くする方法とは?
二の腕を細くしたい、腕まわりを痩せたいのならサプリや筋トレよりもランニングが一番早いです。コツさえつかめばみるみる細くなる方法を紹介しています。
内臓脂肪を減らしたければランニングが一番早い理由
お腹を細くしたい、ウエスト周りをダイエットしたい方が一番初めにすることが腹筋だと思いますが、残念ながら腹筋では痩せないです。本気で捕捉したいならランニングなどの有酸素運動が一番です。
走るだけで腹筋が鍛えられるって本当?
お腹を細くするなら腹筋は大事ですが筋トレを頑張るよりも有酸素運動をするほうがあっさり簡単に綺麗なお腹ができます。ではどうすれば綺麗なお腹が手に入るのかお話ししましょう。
有酸素運動で汗を一杯かいても思うように痩せない理由
汗をかけば痩せると思っている人、それは大間違い。痩せるためには何をするべきかお話しします。汗をかくことを目的にしてはダメですよ。
今より無理をせずランニングでもっと痩せるための方法とは?
がっつりと無理をするのではなく、小さなことでコツコツ痩せていく方法、生活上のヒントをお話しします。チリも積もればですよ!
ランニングで基礎代謝が上がる?痩せやすくなる?
基礎代謝はダイエットにとっても大事な要素ですがランニングをすることで実は基礎代謝が上がります。その方法について解説します。