内臓脂肪の燃焼効果が高い運動はランニング

内臓脂肪の燃焼効果が高い運動はランニング

内臓脂肪の燃焼効果が高い運動はランニング

 

私たち40代になると日頃の食生活だったり、運動をしない生活からぽっこりとお腹が出てきていませんか?

 

 

 

このぽっこりお腹の正体は内臓脂肪だったり、体脂肪ですよね。

 

 

 

しかしこの内臓脂肪や体脂肪は運動によって燃やすことが出来るのです。

 

 

 

じつはその脂肪を燃やす効果が高い運動にランニングをあげられるのです。

 

 

 

そこでランニングが脂肪燃焼効果が高い理由についてお話します。

 

 

 

お腹の脂肪をなんとかしたいなぁと思ったあなた、この記事を読んでガンガン燃やしていきましょう。

 


有酸素運動にピッタリなのはランニング

ランニングはある程度に身体が慣れてきますと、30分や1時間であればゆっくりとしたペースで走ることが出来ます。

 

 

 

基本的にランニングで走るおすすめのペースというのは、おしゃべりができる程度のスピードがもっとも効率的だといわれています。

 

 

 

なぜお喋りができる程度の速度がいいのかといいますと、頑張りすぎず楽過ぎないランニングのペースが有酸素運動としてもっとも効果が高いからです。

 

 

 

 

 

例えばマラソンが趣味で走っている方は、かなり早いペースで走られている事が多く、そのような強い負荷をかけている状態だと有酸素運動にはならず無酸素運動として取り扱われます。

 

 

 

そうなってしまうとせっかくの脂肪燃焼効果が100%発揮させることが難しくなるのです。

 

 

 

また無酸素運動を続けていると足などが筋肉質になりやすいのです。

有酸素運動は20分じゃなくてもいい?

一般的に有酸素運動は20分続けることで効果が発揮されるから20分は頑張りなさいなんて言われますが実はこれ根拠がないそうです。

 

 

 

むしろここ最近の研究結果ではたった5分でも有酸素運動はダイエットの効果がでるそうです。

 

 

 

 

 

有酸素運動は脂肪が燃え出すとしばらくジワジワと脂肪を燃やしてくれるためダイエットに効果が高いです。

 

 

 

そこでランニングで走り出して身体が慣れてくると脂肪の燃焼効果もグングン上がっていきます。

 

 

 

その理由は脂肪が燃える時間が延びるからですね。

 

 

 

 

 

ですのであなたに体力がない間は短い距離でもランニングしたり、歩いたりと少しでも距離や運動する時間を伸ばすことでジワジワと脂肪が燃えていきます

 

 

 

そしてあなたが長く走れるようになるともっと脂肪燃焼時間が増えてどんどんと痩せていくということになります。

 

 

 

食事の減量よりもランニングの方が効果がある。

ダイエットといえば運動か食事を減量するかが代表的ですよね。

 

 

 

例えばランニングの場合ですと体重60kgの人が10km走ると消費カロリーは約600カロリーといわれています。

 

 

 

同じ条件でその人の1日の摂取カロリーが2000カロリーとすると600カロリーを減らそうと思えば約3割減となります。

 

 

 

言い換えればお昼か夕飯を抜かないといけない状況になりますよね?

 

 

 

そう考えれば食事を減量するよりもランニングをするほうが簡単で、内臓脂肪の燃焼効果も高いためダイエットをするにあたって有利になります。

 

 

 

両方行えばさらに効率は上がるでしょうけど初心者の間は無理しないことが続けていくために必要です。

 

 

 

どうしても無理しちゃうとめんどうになってせっかくの運動も続かなくなっちゃうんですね。

 

まとめ

体脂肪や内臓脂肪の燃焼効果を狙ったダイエットで最も効果的なのはランニングということをお話しました。

 

 

 

その理由としては有酸素運動であること、食事療法をするよりも精神的にも身体的にも楽だということです。

 

 

 

誰しもしんどいことは続きません。

 

 

 

私たちのようにこれから運動をして、ダイエットをしたり、健康な体を手にしたいと思うのであれば無理のないように続けることが一番のコツです。

 

 

 

今後もお役立ち情報を記事にしていきますね。


関連ページ

朝と夜に走るなら、ダイエットに効果的なのは?
同じ有酸素運動でも朝と夜とではダイエット効率が違います。そんな嘘のような話でも蓄積したデータでみるとはっきり違いがわかります。
有酸素運動で体脂肪1kg落とすのに必要なカロリーは?
有酸素運動で体脂肪1sを落とすのに必要な消費カロリーを知っていますか?これをみれば痩せるって大変なのがわかるはずです。
ランニングを1ヶ月続けるとこれだけ痩せる
ダイエットを続けるためにはある程度の目標値が必要です。実際に1か月ランニングを頑張った場合どれぐらい痩せるかわかりますか?あなたも実際にあてはめて予想してみるのもやる気アップになりますよ。
食事制限よりもダイエットに一番効果的な運動はランニング
食事制限はストレスがたまるだけで思うようにダイエット成功しません。一番効果的なランニングをやってみませんか?また痩せるだけではないメリット、デメリットも紹介しています。
ランニングでより痩せたいなら距離よりも時間で走る
ランニングで痩せるコツは距離を目標とせず、時間を設定して走ることです。具体的な方法を紹介しています。
ランニングで走ると胸が痩せてしまうって本当?
ランニングで女性の胸が痩せる?落ちる?って本当?その事実を徹底的にしらべてみました。
2年走った私が経験した、走ることで痩せやすい体の部分はここ
ランニング歴2年の私が教えるランニングで痩せやすい部分やその効果について説明します。
諦める前に!ジョギングでのダイエットはすぐに痩せない理由
即効性のダイエットなんてありません。あっても体に悪いと思います。走ること、有酸素運動で頑張っても思うように痩せない理由について説明します。
走るときに飲むスポーツドリンクにこだわろう
ランニングに出かけるときは水分を持って行っていますか?人間の体の半分以上は水分なので汗をかくことでケガやトラブルの原因になるかもしれません。あなたのお気に入りのドリンクもっていきませんか?
夜に走るのなら夕食前と夕食後ではどっちがいい?
夜ラン派の悩み種である食事前に走るか、食事後に走るべきか。これについて他のランナーの様子も踏まえて調査してみました。
走ってダイエットを成功させるなら毎日走らなくてもいい理由
ダイエットを加速させたい気持ちはわかりますが毎日走らなくても大丈夫です。その理由を説明します!
女性が気になる腕を細くする方法とは?
二の腕を細くしたい、腕まわりを痩せたいのならサプリや筋トレよりもランニングが一番早いです。コツさえつかめばみるみる細くなる方法を紹介しています。
内臓脂肪を減らしたければランニングが一番早い理由
お腹を細くしたい、ウエスト周りをダイエットしたい方が一番初めにすることが腹筋だと思いますが、残念ながら腹筋では痩せないです。本気で捕捉したいならランニングなどの有酸素運動が一番です。
走るだけで腹筋が鍛えられるって本当?
お腹を細くするなら腹筋は大事ですが筋トレを頑張るよりも有酸素運動をするほうがあっさり簡単に綺麗なお腹ができます。ではどうすれば綺麗なお腹が手に入るのかお話ししましょう。
有酸素運動で汗を一杯かいても思うように痩せない理由
汗をかけば痩せると思っている人、それは大間違い。痩せるためには何をするべきかお話しします。汗をかくことを目的にしてはダメですよ。
今より無理をせずランニングでもっと痩せるための方法とは?
がっつりと無理をするのではなく、小さなことでコツコツ痩せていく方法、生活上のヒントをお話しします。チリも積もればですよ!
ランニングで基礎代謝が上がる?痩せやすくなる?
基礎代謝はダイエットにとっても大事な要素ですがランニングをすることで実は基礎代謝が上がります。その方法について解説します。