朝と夜に走るなら、ダイエットに効果的なのは?

朝と夜に走るなら、ダイエットに効果的なのは?

朝と夜に走るなら、ダイエットに効果的なのは?

 

せっかくランニングをするならできるだけカロリーの消費が多いほうがいいですよね。

 

 

もしあなたがランニングに使える時間がいつでもいいとすれば、やはりダイエット効率のいい方で走りますよね。

 

 

今回は朝と夕でランニングをするのであればどっちがダイエットに効果的なのか調べてみました。

 


同じランニングでも朝と夜では効果が違う

結論から言うと朝と夜とでは同じランニングでも特にダイエット効果が違うということが最近の調べで分かってきました。

 

 

実際には朝のランニングの方が痩せやすいということですが、その理由について説明します。

 

 

 

朝と夜では朝の方がダイエット効果が高いとお話しましたが、その理由はあなたの身体にあります。

 

 

人間は寝ているときでも、身体は活動していますのでエネルギーを消費しています。

 

 

私達が食事としてご飯などを食べていますよね。

 

それらを栄養として身体を動かしたり、心臓を動かして私たちは生きています。

 

 

 

夕食として私たちが食べた食事は栄養として身体に蓄えられて、寝ている間でも身体を維持するためにその栄養をエネルギーとして消費してくれます

 

 

 

そして朝になると、夕食で栄養として取り入れたエネルギーが消費し切った状態になっています。

 

 

本来であればランニングで頑張った消費カロリーは蓄えられた栄養から消費していきますが、朝の場合だと蓄えられた栄養素がない状態なので身体を動かすためにあなたの体脂肪をエネルギーとして消費するのです。

 

 

 

これがいわゆる体脂肪、内臓脂肪を燃やすということなのです。

 

 

 

夜だと夕食を食べたり、オヤツを食べたりしているので栄養が蓄えられている状態なのでそれらを燃やしきらないことには脂肪が燃えません。

 

 

 

しかし、朝のランニングの場合だと蓄えられたエネルギーがほとんどない状態なので身体を維持するために仕方なく体脂肪や内臓脂肪を燃やしてくれるのです。

 

 

これらのことから朝の方がランニングにおけるダイエット効果が高いということになります。

 

脂肪を効率よく燃やすには水が必要

内臓脂肪や体脂肪を燃やしてダイエットするには朝に闇雲に走っても効果は高くないです。

 

 

意外と知らない人が多くて驚きますが効率よく脂肪を燃焼させるには水分の力が必要になります。

 

 

間違った知識として朝の方がダイエットに向いているから起きてすぐ走ろうとする方がいますがそれはダメです。

 

 

なぜなら朝起きてすぐの状態は身体の中で軽い脱水状態になっています。

 

 

そんな状態でランニングをしても水分がないので脂肪を燃やしきれません。

 

 

 

効率よく脂肪を燃やすにはランニング前にコップ1杯、または2杯のお水を飲んでから外出することをオススメします。

 

 

またランニングで短い距離しか走らない場合でも脱水予防も含めて水分を携帯することが大切です。

 

 

 

同じランニングでももちろん効果が違いますが、水分の必要性を理解していないと効果も得にくいためこの記事を読んでくれたあなただけでもしっかりと準備をしてくださいね。

まとめ

同じ走るという運動でも身体の仕組みを知ることで朝の方がよりダイエット効率がいいことをお話しました。

 

 

 

あなたが走れる時間などが当てはまればいいのですが夜しか走れない場合でもダイエット効果はあります。

 

 

 

ただ朝に走る場合はプラスアルファの効果があるということです。

 

 

 

しかし一番のダイエット効果はランニングをしっかりと続けていくことですね。

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


関連ページ

内臓脂肪の燃焼効果が高い運動はランニング
お腹ぽっこりの原因は内臓脂肪。そんなお腹を何とかしたい方にオススメするのがランニング。なぜランニングか?について説明しています。
有酸素運動で体脂肪1kg落とすのに必要なカロリーは?
有酸素運動で体脂肪1sを落とすのに必要な消費カロリーを知っていますか?これをみれば痩せるって大変なのがわかるはずです。
ランニングを1ヶ月続けるとこれだけ痩せる
ダイエットを続けるためにはある程度の目標値が必要です。実際に1か月ランニングを頑張った場合どれぐらい痩せるかわかりますか?あなたも実際にあてはめて予想してみるのもやる気アップになりますよ。
食事制限よりもダイエットに一番効果的な運動はランニング
食事制限はストレスがたまるだけで思うようにダイエット成功しません。一番効果的なランニングをやってみませんか?また痩せるだけではないメリット、デメリットも紹介しています。
ランニングでより痩せたいなら距離よりも時間で走る
ランニングで痩せるコツは距離を目標とせず、時間を設定して走ることです。具体的な方法を紹介しています。
ランニングで走ると胸が痩せてしまうって本当?
ランニングで女性の胸が痩せる?落ちる?って本当?その事実を徹底的にしらべてみました。
2年走った私が経験した、走ることで痩せやすい体の部分はここ
ランニング歴2年の私が教えるランニングで痩せやすい部分やその効果について説明します。
諦める前に!ジョギングでのダイエットはすぐに痩せない理由
即効性のダイエットなんてありません。あっても体に悪いと思います。走ること、有酸素運動で頑張っても思うように痩せない理由について説明します。
走るときに飲むスポーツドリンクにこだわろう
ランニングに出かけるときは水分を持って行っていますか?人間の体の半分以上は水分なので汗をかくことでケガやトラブルの原因になるかもしれません。あなたのお気に入りのドリンクもっていきませんか?
夜に走るのなら夕食前と夕食後ではどっちがいい?
夜ラン派の悩み種である食事前に走るか、食事後に走るべきか。これについて他のランナーの様子も踏まえて調査してみました。
走ってダイエットを成功させるなら毎日走らなくてもいい理由
ダイエットを加速させたい気持ちはわかりますが毎日走らなくても大丈夫です。その理由を説明します!
女性が気になる腕を細くする方法とは?
二の腕を細くしたい、腕まわりを痩せたいのならサプリや筋トレよりもランニングが一番早いです。コツさえつかめばみるみる細くなる方法を紹介しています。
内臓脂肪を減らしたければランニングが一番早い理由
お腹を細くしたい、ウエスト周りをダイエットしたい方が一番初めにすることが腹筋だと思いますが、残念ながら腹筋では痩せないです。本気で捕捉したいならランニングなどの有酸素運動が一番です。
走るだけで腹筋が鍛えられるって本当?
お腹を細くするなら腹筋は大事ですが筋トレを頑張るよりも有酸素運動をするほうがあっさり簡単に綺麗なお腹ができます。ではどうすれば綺麗なお腹が手に入るのかお話ししましょう。
有酸素運動で汗を一杯かいても思うように痩せない理由
汗をかけば痩せると思っている人、それは大間違い。痩せるためには何をするべきかお話しします。汗をかくことを目的にしてはダメですよ。
今より無理をせずランニングでもっと痩せるための方法とは?
がっつりと無理をするのではなく、小さなことでコツコツ痩せていく方法、生活上のヒントをお話しします。チリも積もればですよ!
ランニングで基礎代謝が上がる?痩せやすくなる?
基礎代謝はダイエットにとっても大事な要素ですがランニングをすることで実は基礎代謝が上がります。その方法について解説します。