ランニングで走ると胸が痩せてしまうって本当?

ランニングで走ると胸が痩せてしまうって本当?

ランニングで走ると胸が痩せてしまうって本当?

 

女性の方からランニングやウォーキングをすると胸が痩せる、または胸が小さくなる?という質問を受ける事があります。

 

 

胸は女性にとって象徴的なものですし気にされるのは当然のことだと思います。

 

 

今回はランニングやウォーキングで本当に胸が痩せて小さくなってしまうのか調べてみました。

 


ランニングだから胸が痩せるわけではなかった。

女性が気になる運動での胸痩せですが実際のところすべての女性に影響があるわけではありませんでした。

 

 

その理由として女性の乳房の発達の仕組みとして以下の2種類があります。

  • 脂肪が増えることによって乳房となり発育するパターン。
  • 乳腺の影響により乳房が発育するパターン。

 

 

上記の2種類のパターンで女性の乳房が発育する仕組みとなっています。

 

 

この2つの発育の仕組みを見ていただければ気づくかもしれませんが、脂肪が増えることによる乳房の発育は運動によって燃焼する体脂肪の一つであるということです。

 

 

ランニングのメリットである有酸素運動は体脂肪の燃焼効果が高いことで有名です。

 

 

もしあなたの体質が脂肪の増加による乳房が発達するタイプであればランニングなどの運動やダイエットによる成果で胸が痩せてしまったり、小さくなってしまう可能性があります。

 

 

実際のところあなたがどちらかのタイプかというのは判別が難しく、実際に痩せた経験がある方以外には分かりづらいのです。

 

 

だからといって胸が小さくなる、または痩せてしまうことに対抗策がないのか?というとそれは違います。以下で運動をしていても胸が落ちるのを防ぐ方法を紹介します。

 

ランニングで出来るだけ胸を痩せさせないためには

 

運動による、胸痩せ、胸落ちを発生させない方法として出来る限り運動中に揺らさないということがあげられます。

 

 

運動によって胸が揺れてしまうと乳腺に刺激があるだけ出なく胸の周囲の筋肉組織や皮膚組織が引っ張られ痛みを発生することになります。

 

 

この痛みは炎症というかたちで胸の周囲の組織にいい影響を与えません。

 

 

ですのでランニングやウォーキング時の対策方法として一般的に使用しているブラジャーの使用を控えて固定力のしっかりとしたスポーツタイプのブラジャーを使用しましょう。

 

 

いわゆるスポーツブラは固定する力だけ出なく、力学的または身体的に最も効率の良い方法でサポートする機能をもっています。ですので同じランニングやウォーキングを行っても揺れにくくあなたにダメージを与えにくい商品になっています。

 

 

マラソン大会にでているランナーだけでなくスポーツ選手もスポーツブラを愛用している選手がほとんどです。それだけ女性にとって胸は大事な物でありしっかりと保護する必要があるのです。

 

まとめ

一般的な解釈でランニングやウォーキングなどのスポーツを行うことで胸が痩せる、胸が小さくなる、胸が落ちるといった女性特有の悩みがあります。

 

 

 

しっかりとあなたの胸の発育タイプが分かっていれば心配ごとは少なくなりますがなかなか知っている人は多くありません。

 

 

 

ですので対策または予防としてスポーツタイプのブラジャー、スポーツブラでしかりとサポート力を上げて胸痩せ予防をしていきたいですね。

 

 

 

女性にとって胸は象徴的なものです、ですのでしっかりとケアや保護をしていきたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


関連ページ

朝と夜に走るなら、ダイエットに効果的なのは?
同じ有酸素運動でも朝と夜とではダイエット効率が違います。そんな嘘のような話でも蓄積したデータでみるとはっきり違いがわかります。
内臓脂肪の燃焼効果が高い運動はランニング
お腹ぽっこりの原因は内臓脂肪。そんなお腹を何とかしたい方にオススメするのがランニング。なぜランニングか?について説明しています。
有酸素運動で体脂肪1kg落とすのに必要なカロリーは?
有酸素運動で体脂肪1sを落とすのに必要な消費カロリーを知っていますか?これをみれば痩せるって大変なのがわかるはずです。
ランニングを1ヶ月続けるとこれだけ痩せる
ダイエットを続けるためにはある程度の目標値が必要です。実際に1か月ランニングを頑張った場合どれぐらい痩せるかわかりますか?あなたも実際にあてはめて予想してみるのもやる気アップになりますよ。
食事制限よりもダイエットに一番効果的な運動はランニング
食事制限はストレスがたまるだけで思うようにダイエット成功しません。一番効果的なランニングをやってみませんか?また痩せるだけではないメリット、デメリットも紹介しています。
ランニングでより痩せたいなら距離よりも時間で走る
ランニングで痩せるコツは距離を目標とせず、時間を設定して走ることです。具体的な方法を紹介しています。
2年走った私が経験した、走ることで痩せやすい体の部分はここ
ランニング歴2年の私が教えるランニングで痩せやすい部分やその効果について説明します。
諦める前に!ジョギングでのダイエットはすぐに痩せない理由
即効性のダイエットなんてありません。あっても体に悪いと思います。走ること、有酸素運動で頑張っても思うように痩せない理由について説明します。
走るときに飲むスポーツドリンクにこだわろう
ランニングに出かけるときは水分を持って行っていますか?人間の体の半分以上は水分なので汗をかくことでケガやトラブルの原因になるかもしれません。あなたのお気に入りのドリンクもっていきませんか?
夜に走るのなら夕食前と夕食後ではどっちがいい?
夜ラン派の悩み種である食事前に走るか、食事後に走るべきか。これについて他のランナーの様子も踏まえて調査してみました。
走ってダイエットを成功させるなら毎日走らなくてもいい理由
ダイエットを加速させたい気持ちはわかりますが毎日走らなくても大丈夫です。その理由を説明します!
女性が気になる腕を細くする方法とは?
二の腕を細くしたい、腕まわりを痩せたいのならサプリや筋トレよりもランニングが一番早いです。コツさえつかめばみるみる細くなる方法を紹介しています。
内臓脂肪を減らしたければランニングが一番早い理由
お腹を細くしたい、ウエスト周りをダイエットしたい方が一番初めにすることが腹筋だと思いますが、残念ながら腹筋では痩せないです。本気で捕捉したいならランニングなどの有酸素運動が一番です。
走るだけで腹筋が鍛えられるって本当?
お腹を細くするなら腹筋は大事ですが筋トレを頑張るよりも有酸素運動をするほうがあっさり簡単に綺麗なお腹ができます。ではどうすれば綺麗なお腹が手に入るのかお話ししましょう。
有酸素運動で汗を一杯かいても思うように痩せない理由
汗をかけば痩せると思っている人、それは大間違い。痩せるためには何をするべきかお話しします。汗をかくことを目的にしてはダメですよ。
今より無理をせずランニングでもっと痩せるための方法とは?
がっつりと無理をするのではなく、小さなことでコツコツ痩せていく方法、生活上のヒントをお話しします。チリも積もればですよ!
ランニングで基礎代謝が上がる?痩せやすくなる?
基礎代謝はダイエットにとっても大事な要素ですがランニングをすることで実は基礎代謝が上がります。その方法について解説します。